« 解き始め。 | トップページ | 勇者の道。 »

2005年6月17日 (金)

天才の言葉。

『天才とは1パーセントの閃きと99パーセントの努力なり』

なんか、『根性っ!』ってかんじで、
『どうしちゃったんだよ、トーマス~』
って、あったことも無ければ、友達でもないんですが、エジソン。

閃きはInspiration。ほかに息を吸うという意味も。

Inには『内側』とか『内に向かう』という意味が、
そしてSpireはSpirit=精神に通じる語幹。

『ひらめく』も『息を吸う』も、そういわれればそんな感じ。

面白いのは英語でSpiritといえば『強い酒』とくに蒸留酒を意味することも。
いるよなぁ、酒が入るといろいろひらめいちゃっている人が。
酒が抜けると魂が抜ける人は、正しい人なのかも知れない。

反対にExには外に向かうという感じなので、
前回登場のExpirationが『息を吐く』、『死ぬ』というのもうなずける。

さて、本題に戻って、エジソンの言葉。
『99%の努力』とかって言われるとちょっと意外な気もするし、根性とか忍耐とか継続とかそんなイメージがわいてしまう。

生徒会会計K氏の
『会計は、99%の努力と一般生徒の協力だ』
という言葉のほうが含蓄があるように感じる。

Genius is one percent inspiration and ninety-nine percent perspiration.

Perには『~を透って』という語感がある。
Perspirationは『汗をかく』だ。

1%のInspirationと
99%のPerspiration。

エジソンはちゃんと洒落ていたのである。

努力だけではわからないこともあるのだ。

|

« 解き始め。 | トップページ | 勇者の道。 »

コメント

へぇ〜!へぇ〜!へぇ〜!
ごめん、無知だったから素直に感心。
日本語訳しか知らない日本人はなんか損してるみたいな気がしてきた。
うーん、以外とためになるなぁ、このシリーズ。今後も期待してます。笑

「一般生徒の協力」、懐かしいなー。

投稿: midori_design | 2005年6月19日 (日) 17時53分

あまり洋書読まない私ですが、
なんかの弾みでこれを知ったとき

『自分は今まですごい損してた』

とおもいました。

だからといって洋書を読むようになったわけではありませんが。

はい、『意外と』ためになってるようなので、多分続くと思います。たまに『チルド』みたいなショボいのもありますが、大目に見てやっとくれよ。

投稿: おみすけ | 2005年6月20日 (月) 02時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109403/4591509

この記事へのトラックバック一覧です: 天才の言葉。:

« 解き始め。 | トップページ | 勇者の道。 »