« 父の日。 | トップページ | チルド。 »

2005年6月13日 (月)

永久エスカレーター。

ちょっと物理の話を。

計算はおいておくとして、運動とか力学とか
目に見えるところまでは例の出し方次第では
苦手意識のある人でも乗り越えられる、とおもう。

そこで挑戦。

物体を低いところから高いところへ移動するには仕事が必要で、これは高い位置に移動した物体に位置エネルギーとして蓄えられる。

物体が高い位置から低い位置に移動する時、位置エネルギーを失い、それをもって仕事をすることができる。

誤解を恐れずに言うと
『ハンマーが板の上にあっても何もできないが、外からのエネルギー(=あなた)で振りかぶって、そのまま降ろせば、板にある釘が打てる(=仕事をする)』
みたいなことだ。

では、釘を打つ変わりにもうひとつのハンマーを跳ね上げたらどうなるだろう。
そして第2のハンマーはまた新たなハンマーを跳ね上げ・・・

単純に結びつけると、シーソーのように永久に動き続けるように思われる。いわゆる永久機関と呼ばれるものだが、残念なことに接触部分や空気との摩擦、音、熱などでエネルギーを失うので、永久にはならない。

でも、だからといって利用しない手はないんでないのか?

1階から2階へ上るエスカレーターがあるとする。
ふつう、2階から1階へ向かうエスカレーターもあるだろう。

デパートなどではクロスしていることが多いのだが、これを平行にして、つまりスキー場のリフトのようにはできないのだろうか。

そうすれば下に向かう人の位置エネルギーを上に向かう人に利用できるので非常に省エネな気がするのだが。

もう実現されているかも。

|

« 父の日。 | トップページ | チルド。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109403/4537594

この記事へのトラックバック一覧です: 永久エスカレーター。:

« 父の日。 | トップページ | チルド。 »