« 遊べるけど。 | トップページ | 伊藤さんのネタ。 »

2005年6月 9日 (木)

うた検索。

年をとってきたせいか、昔歌っていた歌や歌詞が出てこないことがある。
歌詞のほうはここで何とかなるが、歌本体が出てこないときには人に聞くしかない。すでに一般動詞となったグーグルもお手上げである。

自分もテレビ局に電話して電話口で歌を歌って曲名を問うたことがある。

そこで、こんなサーチエンジンを考えてみた。

その一、リズムで曲を分類。
入力方法は『タンタンタタターン』等。

これなら誰でも入力できそうだけど、多分曲にはたどりつけない。

その二、区切り方で分類。
結構、歌詞が『7・5』だったり『8・8』だったりで固定な曲は多い。

もともと、『どんぐりころころを巨人の星のメロディーで』とか『ギザギザハートの子守唄を舟唄で』などという替え歌を発掘していて思いついた分類法。この4曲や『線路は続くよどこまでも』などが8・5に分類されていて相互に歌詞を入れ替えて歌えるのだが、上の2作品は秀逸。

その三、キーワード検索。
『卒業』『恋愛』などのなんとなくキーワード、『上京』『神戸』などの地名なんかを入れる。

サビしか覚えてないときとか、有効かも。CMやドラマのタイアップとかで2番以降のサビをつかっていたりしてもOK。

その四、イメージ画像で分類。
季節感とか、恋愛っぽいとか、暗いとか。三よりもっと抽象的。

妹の『寒いときに手をはぁ~ってする歌』という言葉をヒントに『大空と大地の中で(松山千春)』を即答した経験に基づき、追加。『子供をあやす』とか『男を殴る』とかを、なんとなく絵(写真)で選択。

その五、うたう。
やっぱ、究極はこれ。

実現難しいかなあと思ったんだけど、カラオケの採点機を直結すればいいのかなあ、とも思う。とりあえずカラオケにつれてこられて、昔歌ってた歌を歌いたいけど思い出せない。で、このサーチエンジン(カラオケマシンに内臓)を起動してちょっと歌うとヒットするの。自分の小学校の校歌とかはあきらめてほしいけど。

さて、このデータベース、自分で構築が不可能なのは単に分類・入力に膨大な労力と時間がかかる上に、自分の知ってる曲しか入っていないという本質的な矛盾があるから。実現方法は2つ。

1、カラオケ業界が自分の資本でやっちゃう。
2、Wikipedia方式でネットで構築。

どちらもすでに実現可能な技術段階に達してると思うんだよね・・・。

|

« 遊べるけど。 | トップページ | 伊藤さんのネタ。 »

コメント

これ、結構おもしろいねー。素直に。
本気で実現したら意外と話題性もありそうだし。
入力方法は『タンタンタタターン』 
これを実際に画面に向かってやっているところを想像すると割といい感じ。きっと無意識に鼻歌になってると思うし。 (笑

あー、『寒いときに手をはぁ~ってする歌』ね。 (笑
妹は元気?いくつになったのだっけ?
よろしくいっといてね。

投稿: midori_design | 2005年6月13日 (月) 23時26分

『寒い時に手をはぁ~って』
で検索すると

♪母さんが夜なべをして♪

も同じ画像に分類されてそうです。
なぜか北の国からのテーマも。
襟裳岬もかな。

実際の歌詞は
『凍えた両手に息を吹きかけて』
なので、現状ではどこのエンジンでも引っかからないでしょうね。

初めて『買い』がつきました (笑

投稿: おみすけ | 2005年6月14日 (火) 00時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109403/4490311

この記事へのトラックバック一覧です: うた検索。:

« 遊べるけど。 | トップページ | 伊藤さんのネタ。 »